FC2ブログ
--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.10.31 14:55|未分類


ナンキンハゼ

街路樹が色づき始めている。

attachment7.jpg

緑から黄緑へ

黄緑から黄色へ

黄色から橙へ

橙から赤へ

あちらこちらでグラデーション

attachment10.jpg

そして赤。
激しく赤。

空の青に挑むように。

スマホより、自転車にまたがりながら。
スポンサーサイト

2013.10.30 14:33|未分類


金木犀が香っていた。
そんな季節なのだな。

息子が病気をしていて、1週間ほどほとんど外へ出なかった間に、金木犀の香りをくんくんできる機会を失っていた。

attachment03.jpg

金木犀の香りはもちろん素敵だが(トイレを連想する人もいるだろうけど)、橙色の小さな花も可愛らしくて好きだ。

道路に落ちていたその小さい橙の花を、息子はきゃっきゃと喜んで拾っていた。
ずっとこのような小さく可憐な存在を愛でられる人間でいてほしい、とこっそり思う。

attachment.jpg

自転車に乗らなかったこの1週間の内に前輪がべこんべこんになっていて、自転車屋さんに見てもらうことに。
子どもを乗せて重い自転車を引きずり遠くまで歩いたので少々へこんでいたが(しかもどうやらタイヤはいたずらされたらしい)、そのお陰で金木犀をくんくんし、道端の帽子つきどんぐりを息子と拾う時間をもらえた、んだ。

今日はスマホにて撮影。
自分の靴入りとか、いかにも女子の写真のようで嫌いなのだが、意図せず入ってしまった。
まあ、たまにはこういうのもいいか。

2013.10.29 14:03|未分類


おやおや、こんにちは。

生まれてきたらそこだったんだね。

命は偶然の中に生きている。

2013.10.28 12:32|未分類


緑から黄色へ紅葉している桜の葉。
これから秋が深まると赤く染まるのだろう。

でもこの葉は黄色を飛び越して赤となりからからになっている様子。
辛そうにも見えるけど、ふたり寄り添って穏やかに暮らしているような気がする。

でも、ぼくら いっしょに いて みないか?
いく さきざきで やっぱり
いろは かわるだろう、
だけど きみと ぼくは
いつも おんなじ。

(レオ=レオニ『じぶんだけの いろ』訳 谷川俊太郎)

2013.10.27 21:53|未分類


よりそう。

2013.10.26 22:29|未分類


のぞく。

ごくり。

なんでもないものでも、隙間から覗いたりすると、ごくり。

急に、なかなか手に入らないような尊いものに思えたり、素晴らしい芸術作品のように見えたり。

2013.10.25 15:02|未分類


昨夜は39度超の熱を出して苦しそうにしていた息子だが、朝起きてみたら平熱、けろっと元気になっていた。
こどもってば、すごいな。
健康が一番。有り難い。

カラフルなよだれかけを身に纏ったお地蔵様。
日本は田舎でも都会でも地蔵愛に満ちている。

2013.10.24 14:42|未分類
IMGP5644small.jpg

お天気の悪い日が続くと、お日様が恋しい。
家の中がじめっとして、ついでに心もじめっとする。
そして息子も熱を出して体調が悪い。
お日様はとても有難いなあ。

家族の存在というのも、有難い。
当たり前と思ってはいけないのだなあ。
夫が、子育てに関してたとえ何もしてくれないとしても、いてくれるのといないのとでは全く安心感が違うものだ。
そしていないと、寂しい。
なんでもないことを話したら答えてくれる、有難い。

不在の間、しっかりしなくてはと思う。
いや、むしろ羽を伸ばして楽しむ、くらいのほうが、家を空けているほうは気が楽なものか。

家族の存在に、健康に感謝し、
まずは息子の熱がさがりますように。。。

2013.10.23 13:38|未分類
IMGP5556small.jpg

ザクロの実が幸せの雰囲気をまとって朝日の中を揺れていた。

私の中でザクロが「幸せ」と結びつくのは、多産や豊饒のシンボルとして描かれることがあるからだろうか。

仏教では子育ての神、鬼子母神と結び付けられる。

たくさんの赤い果肉の粒は、確かにいろいろ授けてくれそうな、もたらしてくれそうなすごいオーラを放つが、
私はこうして実を開かずにぶら下がっているザクロが好きだ。

逆さになった、小さな冠をかぶった王子様みたい。

2013.10.22 15:25|未分類


安眠できなかった人にも等しく朝はやってくる。

良い睡眠をとるということは、充実した人生をおくるために必要な10のこと、の内の一つではないか。

2013.10.21 21:56|未分類


ぴかぴかの青空も、一枚通すと違った景色になる。

届くはずの光線が届かない。

捻じ曲がった光線。

2013.10.20 16:37|未分類



寂しい気持ちはどういう時におこるのか。

1人じゃなくても、背中を見送ってドアがピシャッと閉まる時、とか。

2013.10.19 15:45|未分類


木の根を握る。
ぎゅっと、転ばないようにね。

人すら支える木の根っこ。
ひやっと冷たいのに、温かみを感じる。

木の幹にそっと掌をあてる。
やっぱり、ひやっとするのに温かい気がする。

耳をあてる。目を閉じる。
何も聞こえなくても、安心していいと、聞こえる。

2013.10.18 15:38|未分類


私も女子のハシクレなので、こういうものでふわっとしたりする。
誇らしげに乗っかっているミントがリボンの様で可愛らしかった(素晴らしい葉脈!)。

2013.10.17 15:37|未分類


さむさむっ。自転車に乗ると体感温度は5度くらい下がるんじゃないか!?服に冷たい風がすべりこんでくる。

でも、ふと横を見ると雲は多くても爽やかで気持ちの良い景色。

信号待ちの自転車から、スマホで撮影。

attachment02.jpg

大迫力の雲の連なり。宇宙側から眺めてみたいような雲だ。

attachment00.jpg

マンションの合間から覗く空と雲もなんだかお得感があって良い。

2013.10.16 15:12|未分類


空にはいったい何本の線が引かれているのでしょうか。

こんなに線だらけの国は珍しいかもしれない。

そういえばどこの国だったか、空の線には必ず靴が引っ掛かっていたっけ。

何かのおまじない?
そういう遊び?
いやがらせ?

あれはどういうことだったんだろう。




2013.10.15 15:55|未分類
IMGP5280small.jpg

雨降りの今日はちょっと気温が低いようだ。
今秋はじめて、息子に長袖を着せた。

毎年この時期になると発売されるのが、ラミー。
ラムレーズンが入ったちょっと大人気分のロッテのチョコレートだ。

あまりお酒は得意じゃないけど、このチョコは食べるとじんわり元気が出てくるので不思議だ。

以前働いていた会社で、メキシコ支社の人が出張で来ると必ずお土産に持ってきてくれていた、テキーラ入りのボンボンも、そういえば好きだったな。
あまり人気がなかったので、私が一人でふたつみっつ食べてたっけ。

味が美味しいというより、食べた後の口の中のぽっぽかした感じが好きなんだと思う。

数年前、ラミーを教えてくれた元ルームメイトはイタリア人と結婚し、ミラノに住んでいる。
遠くミラノに心を馳せ、ラミーありがとう~元気でね~と思ってみる。

2013.10.14 15:30|未分類
IMGP5004small.jpg

歩いたことのない道を歩くのって楽しい。

ねこねこ 
どこへ いってた?
あっち きょろきょろ 
こっち きょろきょろ
ぶらぶらしてた

(マーガレット・ワイズ・ブラウン『どこへ いってた?』)

こんな感じ。

かわいい装飾がされたお店に吸い込まれそうになったり、
とつぜんレトロなおうちがビルの間に埋まっているのを見つけたり、
細い路地に植木がたくさん置かれているのを眺めたり、
次はこのカフェにコーヒーを飲みに来たいな、いやガーリーになんたらラテがいいかななどと考えたり、

はじめての道を歩くと、のんびり歩いているのに本当は大忙しだったりする。
その刺激に脳が喜んでいるのを感じる。

上っていく坂道に差し掛かったとき、私の脳の興奮はマックスだったようだ。
坂道の先にあるもの。

2013.10.13 14:12|未分類


家の中に差し込む朝日が、馬と孔雀の出会い、のような場面をつくりだしていた。
絵本の1ページみたい。

子どもの頃、『しずくのぼうけん』という絵本が好きだった。なんどもなんども1滴のしずくが冒険し、形を変え、強くなる様を読んだ。
主人公の「しずく」のシンプルでなんとも愛らしい姿が好きだった。

高校生か大学生の頃だったか、友人に誕生日プレゼントは何が良いか聞かれ、絵本と答えた。
絵本は色彩に優れていたり、描かれるものの造形がハイセンスだったり、物語も哲学的だったりして、大人にとっても魅力的だ。

彼女は え、絵本?と不思議そうだったが、誕生日に贈ってくれたのは『しずくのぼうけん』だった。

実はその当時も、子どもの頃から読んでいた『しずくのぼうけん』は私の部屋の本棚に鎮座していたのだが、ちょっと薄汚れた古いそれと、ぴかぴかの真新しいそれが2冊並んだ光景は、おじいちゃんと孫が一緒に並んでいるようで、微笑ましく好ましいものだったのを今でもよく覚えている。

2013.10.12 15:24|未分類


ここのところ毎日暑かったが、今日はようやく少し涼しくなった。
それでもまだ暑いのだけど。10月のくせに!

黄金色に輝くはっぱ。

宮沢賢治の『どんぐりと山猫』のどんぐりもこんな風に輝いていたのかしら。まぶしいくらいに。

2013.10.11 13:30|未分類


ニラの花だろうか?

朝の光を浴びながら道端にひゅんと咲くニラの花(もどき)。

あんなに細くて長い茎を上へ上へ向かわすには、どれだけの努力と根気がいるのだろう。

リーガルハイ2 というドラマで、主人公が植物になりたいと言っていたが、

植物になりたいと思うとき、私もある。

青々とした葉をつける観葉植物、桜の古木、若々しいケヤキ、凛としたニラ。

どれも素敵だと思う。

2013.10.10 15:28|未分類


どんぐりにもいろいろあるんだよ、ってことを知ったのはけっこう最近のこと。
ぼんやりとは知っていたんだろうけど、はっきり意識したのは。

クヌギの、立派でアバンギャルドな感じのする帽子をかぶったどんぐりを見つけたときは、相当得した気分になるし。
控えめだけどスタイリッシュな帽子を小粋にのせたどんぐりは、昔から親しんでいたもので、拾うと心がじんとする。

コロンとした形のどんぐり、細長いどんぐり、狐のお顔のようなどんぐり、、、みんな愛らしくて、ぜんぶ拾って帰りたくなってしまう。
結局いくつか拾って、もって帰るのだけど、かばんのぽっけが土や枯葉でよごれてしまう。でもそれでいい。

小さい頃は生で食べてみたこともあったっけ。
大人になってからは、どんぐりの栽培に挑戦したことも数度ある(全敗だ)。

どんぐりの季節がまたやってきた。
桜の時思うように、どんぐりにも、1年ぶりにまた会えたことがとても嬉しい。

2013.10.09 12:57|未分類


強風を、受けながら受けながら、前へ進む。

2013.10.08 15:49|未分類


光のある世界に生まれて、光を感じられるということが、この上なく幸せのようなことに思う。

色のある世界に生まれて、色を視覚できるということが、この上なく幸せのようなことに思う。

モネもそんな気持ちだっただろうか。

私は絵を描けないから、せめてこの美しい光と色彩の世界を写していきたいと思う。

2013.10.07 14:58|未分類
20131007145252f6e.jpg

10月とは思えないほどの暑さ。コノゴニオヨンデ、30度超えでしょうか。

しかしながら、空はしっかり秋の空で、あづい〜と呻きながらも、澄んだ空に感動してしまう。
カメラを持っていなくて、スマホでパシャリ。

その青い空を、キーンと飛行機が横切り、さぞかし気持ちが良いことだろう、と羨ましく思いました。

2013.10.06 11:23|未分類
IMGP4949small.jpg

秋になると、そこらじゅうでいろんな 実 に出会える。

植物の多くは実をつけるんだろうけど、

あら、あなたってば、こんな 実 をおつけなさるのね、

っていう心境になることが多い。

あなたのことはよく知ってるつもりだったのに、意外な一面!

という新鮮な驚き。

2013.10.05 15:26|未分類


置いてけぼりの君。

自分も同じような心境になることがある。

人間は常に進歩しなければいけない?

進歩したいなぁという欲が辛い。

自分だけが同じ場所に留まっていて、その間にみんなどんどん前に歩いて行って、たまにキノコとか拾って一回り大きくなって、、、

でも何に向かって進歩したいのかもよく分からなくなっていて。流されず、しっかり感じ考え、行動をしなければ。

2013.10.04 17:35|未分類


銀杏の実が落ちていた。
こんな柔らかく、フルーツ的な状態の銀杏を触るのは初めてだった。

どくとくのあの 匂い が指につく。

うわー、銀杏の匂いだー と顔をしかめつつも、なんだか嬉しい匂いだった。

2013.10.03 16:19|未分類
IMGP4798small.jpg

ハトはいつも公園のベンチのそばをうろうろ歩いているような印象がある。

高い木の上で、緑の葉に囲まれているハトを見つけたときは、多少ギョッとした。

ハトは青い空に飛び立っていった。

そして私のほうは、きっと良いことだ と思えることを見つけ、気持ちの良いちょっとした高揚感

を感じた。

2013.10.02 14:21|未分類
IMGP4781small.jpg

季節の変わり目は体調を崩す人が多かろう。

息子も昨日からひどく咳をしている。お医者さんには気管支炎と言われた。

寝ていると咳き込んで起きてしまい、なかなか咳が止まらない。

代われるのなら代わってあげたい、そう自然に思い、たいして優しいとは思えない自分ながら、親なんだなあと思う。

09 | 2013/10 | 11
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

kobin

Author:kobin
自然が好き、路地が好き、仏像が好き、将棋が好きな主婦です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。